たなか耳鼻咽喉科

豊島区目白の耳鼻咽喉科,アレルギー科,小児耳鼻科 たなか耳鼻咽喉科

〒171-0031 東京都豊島区目白5-4-7
TEL 03-3951-0201
順番取り
順番待ち
予約システム
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

舌下免疫療法について

スギ花粉症・ダニアレルギーに対する舌下免疫療法について

舌下免疫療法はアレルゲン免疫療法とも呼ばれ、病因アレルゲンを投与していくことにより、アレルギーに暴露された場合に引き起こされる症状を緩和すること が期待できます。2016年現在、スギとダニに対する舌下免疫療法用のアレルゲンエキスが発売されています。今まで、一般的に使われているアレルギーの薬や手術は対症療法と呼ばれ、症状を一時的に緩和させることが目的でしたが、アレルゲン免疫療法では2割ほどの人に対して根治的な効果があると報告されています。
しかし、舌下免疫療法にもデメリットがあります。3~5年の治療期間がかかり、即効性を期待できません。スギ花粉症の方は、スギ花粉飛散期から投与開始はできません。すべての人に効果が期待できるわけではなく、副反応の問題もあります。

この治療法は、正しく使用法を守り、薬に対する理解がなければ開始することができません。このため、この薬はすべての医療機関で処方できるわけではなく、講習会を受講し、登録された施設でしか処方できません。
ご希望の方は、受診した際にご相談ください。

○効果
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの季節性(スギ花粉症)・通年性(ダニアレルギー)アレルギー性鼻炎の症状に効果があるとされていますが、すべての患者さんに効果を示すわけではありません。
2割くらいの人は症状がほとんど消失し、6割くらいの人は症状が緩和し従来からあるアレルギーの薬を使う量が減少します。しかし残念ながら2割ほどの人には全く効果が期待できません。
効果があるかないかについては、投与前に判断ができず、薬を使ってみて初めてわかります。

○対象者
治療対象は「スギ花粉症患者」「ダニアレルギーによる通年性アレルギー性鼻炎患者」であり、アレルギー検査による確定診断が必要です。
12歳以上の人にしか投与できません。(65歳以上の人についても治療経験が少なく効果ははっきりしません)

○舌下免疫療法が受けられない方
この治療法は今まで治療した病気や、現在内服している薬によって投薬できない場合もあります。
重症の気管支喘息で治療中の方は、舌下免疫療法により喘息発作を誘発する恐れがあるため投与できません。
悪性腫瘍、または免疫系に影響を及ぼす重篤な全身性の疾患(たとえば、自己免疫疾患や免疫複合体疾患、または免疫不全症など)を治療中の方には、薬の有効性や安全性に影響を与える可能性があり投与できません。
重症な心疾患・肺疾患・高血圧症がある方は、強い副反応が出た時の影響が大きいため主治医の先生とご相談ください。
また、非選択的β遮断薬(降圧剤)、全身性ステロイド薬などを服用している場合は舌下免疫療法を行えないことがあります。現在飲んでいる薬は必ず受診時にお申し付けください。

○副反応について
一般的に服薬開始から1ヶ月くらい、服用してから30分以内、スギ花粉症の方はスギ花粉飛散期に副反応がおこりやすいとされています。治療開始から1ヶ月は増量期といって、薬の量がだんだん多くなっていきます。この時期に副反応が起こることが多いため、とくに初回投与時は医師の監督のもと投与が行われ、少なくとも30分 は院内に留まっていただく必要があります。よく見る副反応として、口内炎、舌の下の腫れ、のどのかゆみ、耳のかゆみ、頭痛などがあります。また、アナフィ ラキシーといった全身性の強い副反応が起こる可能性もあり、副反応に対する適切な対処法と理解が求められます。

○注意すべきこと
指定された量をきちんと飲み、自己判断で服用を中止しないでください。
この治療には即効性はなく、治療期間として3~5年継続することが重要で、スギ花粉が飛散していないときも含めて365日毎日続けて服用してください。
効果があって終了した場合でも、その効果が弱くなる可能性があります。
服用前後2時間くらいは、副反応を起こしやすくするため激しい運動、アルコール摂取、入浴などを避けてください。薬の効果を保つために服用後5分はうがい、飲食をしないでください。
現在、薬の処方は2週間までのため、2週間ごとに来院してください。
スギ花粉症の方は、スギ花粉飛散期はスギに対する過敏性が高まっているため副反応が強く出る可能性があります。このため治療開始時期については、7月から11月が妥当であると考えられています。